気づけばやみつきに!簡単だけど奥が深いパズルゲーム『2048』を紹介

スマホゲーム

こんにちは、カンリです。

簡単に遊べて夢中になれるパズルゲームを見つけました。

気づけばどんどん時間が過ぎていき、やらなければならないことも忘れかけるレベルで夢中になってしまいますので、注意が必要です。

時間泥棒のようなスマホゲームですので紹介したいと思います。

 

『2048』の遊び方

2048はボードゲームです。

4×4のマスにタイルのようなパネルがあり、そのパネルに『2』の数字が書かれたものが二つあるところからスタート。

 

こちらのマスを上下左右にスワイプするだけで、タイルがすべてスワイプした方向に移動します。

そうして移動しながら、同じ数字が重なるとタイルが統合され、数字がどんどん倍になっていきます。

『2』と『2』が重なると『4』、『4』と『4』が重なると『8』といった具合に数字が増えて行き、最後に『2048』という数字を完成させることが出来たらクリアになります。

 

また、どの方向に動かしてもタイルが統合せず、動かすことが出来なくなった時点でゲーム終了となります。

ゲームをクリアしたときにスコアが表示されますので、そちらを友人と競っても面白いかもしれません。

 

初心者にお勧めのサイズ

古典的な4×4のマスの他に、3×3、5×5.6×6,8×8といったマスもあり、マスが少なければ少ないほど難易度が上がります。

古典的な4×4が一番遊びやすいですが、クリアはとても難しくなりますので、初心者だったら一番優しい8×8のマスをお勧めします。

こちらの8×8ならば、初心者でも簡単に『2048』のタイルを作ることが出来ます。

ぶっちゃけると、適当にやっても滅多なことではゲームオーバーにはなりません。

ゲームをクリアすると自動的に『エンドレスモード』というモードに移行します。そちらは『2048』の先、『4096』や『8192』など、そちらの数字に挑戦することが出来ます。

8×8のモードだとそちらの数字も作ることは可能ですし、ハイスコアを狙えます。

ただ、止め時が分からなくなるのが難点。もう止めようと思っても、先述した通り滅多なことではゲームオーバーにはなりませんので、ゲームを終わらせるのはプレイヤーの意思に委ねられます。

 

慣れてきたら6×6,5×5とプレイして、4×4や3×3に挑戦してみると良いでしょう。

もちろん最初から4×4をプレイしても構わないのですが、こちらは古典的なタイプと言ってもかなり難しいサイズになります。私もまだクリアしたことありません。

自分のやりやすいサイズを見つけてみるのも面白いと思います。

 

攻略のコツ

しばらくこの『2048』で遊んで、5×5でクリア出来るようになったので、2048のタイルを作るコツのようなものが次第に分かって来ました。

脳トレゲームでもあるので、攻略のコツを伝えてもクリアできるかどうかは分かりません笑

しかし、私はこうやってみてクリアしやすくなったというやり方をお伝えします。

 

「マスの上の部分に詰め込む作戦」です。

とにかくマスの上の方にタイルを詰め込み、大きな数字を作って溜め込んでいきます。

タイルが現れたら、とにかく上にスワイプ。上の部分にタイルを寄せます。

上の方にタイルを寄せつつ、統合できそうなタイルは統合して、とにかく数字を大きくしていきます。

そうすると上の方に大きい数字が集まっていきます。

大きな数字が上の方に集まったら、下の方で再び大きな数字を作り、それを上に上にと重ねて統合させます。(これが少し難しいのですが、うまく行くとすらすらと大きな数字になってくれます)

上、右、左、というふうにスワイプします。なので、下の方にはほとんどスワイプしません。たまにどこも動かせなくて、やむを得ず下にスワイプすることもありますが、それ以外はほとんど下へは動かしません。

 

この方法で、私はクリアしやすくなりました。5×5のマスでも、十分もあれば2048を作ることが出来るようになりました。(たまに失敗してゲームオーバーになりますが)

4×4や3×3などは難易度が高いので、この方法ではクリアしづらいものがあります。こちらは他の方法を試すべきですね。

 

終わりに

こちらの『2048』は脳トレゲームです。

とても中毒性が高く、プレイし終わっても「次!」「もう一回!」と遊びたくなってしまいます。

なので止め時が分からなくなったり、気づいたら時間が過ぎていたりします。エンドレスモードで遊んだときに三時間くらいプレイし続けてしまったことがあり、かなりのスコアになりました。

なので今ではクリアしたら終わりにするようにしています。笑

 

中毒性は高いですが、それだけに面白いゲームです。

あなたもやってみてはいかがでしょうか。

 

それでは。

 

 

タイトルとURLをコピーしました