泡の音でリラックスしながら楽しむパズルゲーム『タイニー・バブルス』を紹介

スマホゲーム

こんにちは、カンリです。

泡の弾ける音は好きですか? 好きだったら絶対に気に入るパズルゲームを見つけました。

他では見ない独特なパズルゲームですので、パズルゲームにちょっと飽き飽きしてきた人には斬新に思えるかもしれません。

少し運要素もありますが、必ず解けるパズルゲームですので誰でも楽しめると思います。

 

『タイニー・バブルス』の遊び方

どのスマホゲームにもなかった新しいタイプのパズルゲームです。

バブルスというタイトルにもある通り、泡を使ったパズルになります。

泡が弾ける音がとても心地良いのでヘッドフォンをして遊ぶことをお勧めします。

基本は同じ色を四つ組み合わせるだけ

赤、青、黄色の三色の色つきの空気で泡(バブル)を膨らませ、同じ色のバブルを四つ組み合わせると、バブルがぽっぽっと弾けて消えて行きます。

これだけが基本の操作になります。

しかし、時には緑、オレンジ、紫などの色も出現します。

こちらは三原色を混ぜることで発生する色になります。これらの色が出現したときは、色を混ぜて作る必要があります。

色に詳しくない人でも安心してください。どの色を混ぜれば必要な色が完成するのか、丁寧に教えてくれます。気をつけたいのはプレイヤーの操作ミスですが、失敗しても何度でもやり直すことが出来るので心配は不要です。

 

また、色ではなく『ハサミ』が出て来る場合があります。これはバブルを壊したり、バブル同士の境界線を切ったりするものです。

青色と黄色のバブルの境界線をハサミで壊すと、色が混ざって緑色になります。

 

様々な場合に合わせて、色を混ぜたり不要なバブルを壊したりしながらゲームを進めて行きます。

意外に頭を使うゲームです。

 

様々なミッションをクリアする

タイニー・バブルスでは各ステージごとにミッションが用意されています。

それらの大半は「バブルをすべて消す」だったり、「サークルにバブルを納める」だったりといった簡単なもの。

中には、「それぞれの色を十個集める」だったり、「色つきのバブルをすべて消す」だったりと、指定したものを集めたり消したりすることもミッションになります。

ステージが進んで行くにつれて難易度も上がっていきますので、「すべてのバブルを消す」という簡単に思えることも、かなり難しくなってきます。

中には使用できる色の回数が決まっているものもありますので、考えながらパズルを解いていかなければなりません。

 

ヒントの使用可

どうしても分からなくて行き詰まったときは、ヒントを見ることも可能です。

ヒントを見るにはチケットを使用するか、広告を見ることでもヒントを見られます。行き詰まったときはこちらを利用するのも手です。

中には「ヒントを使用するなんて悔しい」と思う人もいるかもしれませんが、無理をしないことも一つの楽しみ方だと思っています。

 

様々な賞を受賞したゲーム!

タイニー・バブルスはその独自のゲーム性からか、様々な賞を受賞しています。

—— 受賞 ——
● 第14回国際モバイルゲーム賞、最優秀クイックプレー受賞
● Googleインディーゲームフェスティバル、 入賞
● SXSWゲーマーズ・ボイス・アワード、最優秀モバイルゲーム受賞
● レーベルズ・インディー・ショウダウン、大賞受賞
● ペニーアーケード・エクスポ・ウェストPAX 10、オフィシャルセレクション
● Amazonゲームフォーラム・ショウダウン、入賞
● シアトル・インディーゲーム大会、 入賞
● Intel Buzz Workshop、最優秀一般ゲーム
● インディー・メガブースPAXウェスト、オフィシャルセレクション
● メイドウィズUnityショウケース、オフィシャルセレクション
● Intelレベルアップ最終選考作品
● スペイン、AzPlay、最優秀ゲームプレイ最終選考作品

引用:Google Play『タイニー・バブルス』より

 

また、ゲームを遊んだプレイヤーからの評判も良いです。私もかなり楽しめました。泡の弾けるサウンドもリアルで、とても落ち着きます。

終わりに

スマホのパズルゲームは運要素の高いものばかりです。『タイニー・バブルス』もある意味運要素のあるゲームです。

プレイしていて、「これってどうやっても無理じゃないか」と思ったものも、運が良くてクリアできたというステージもあります。

「終わった!」と思っても、魚がバブルを増やしてきて終わらなかったりしたこともありました。

しかし、そんな運要素を除いても、ステージをクリアしていく達成感があります。このステージが終わったら次のステージへ、と次々と進めたくなります。

すべてのステージをクリアするのに何日か掛かりましたが、時間に換算すると四時間も掛かっていないかと思います。

短い時間でのクリアも可能です。

 

あなたもやってみてはいかがでしょうか。

 

それでは。

 

 

タイトルとURLをコピーしました